スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先攻後攻

とりあえずDQ7のすばやさによる先攻率について調べました。

調査データは

ガボ160、アイラ140、主人公120、メルビン100というすばやさで、
オルゴ2-1(すばやさ80)で行動順を 200Tほど調べました。(時砂を使いながら)

結果


160
140
120
100
 80
 160

68.5%
82.5%
94.5%
100%
140
31.5%

70%
89%
97%
120
17.5%
30%

74.5%
91.5%
100
5.5%
11%
25.5%

77.5%
80
0%
3%
8.5%
22.5%



という感じになりました。
すごい見にくくて申し訳ありません。

ちょっと違った見方をすると

160/80 =2       100%
140/80 =1.75     97%
160/100=1.6    94.5%
120/80 =1.5    91.5%
140/100=1.4      89%
160/120=1.333  82.5%
100/80 =1.25   77.5%
120/100=1.2    74.5%
140/120=1.167    70%
160/140=1.143  68.5%


って感じです。でこれは

homepage2.nifty.com/oteu/dq8/dq8_agi.html

こちらのサイトで計算される確率とほぼ同じになります。
(このサイトはやまぴーさんという方に教えていただきました)

このサイトは極限攻略のサイトなんですが、これおてうさんがつくったんですかね?
どういう計算式で導かれているのかちょっとわからないのですが、
先攻後攻の確率を調べるならこれを用いればよさそうです。

本来はもっとターン数を多くしたり、条件を細かくして詳細に調査したほうがよかったのですが、
時間と手間の都合上、これぐらいで妥協しました。

また今回の調査で用いた値ではこのようになりましたが、
もっと上の方の値や下の方の値でも同じになるかはわかりませんが、
おそらく大きく外れることはないかなって思っています。

もし何か違うようであれば教えてください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー。はじめまして!
その計算機は僕が2005年に作ったものですね。
式の出し方は僕のブログに載せておきましたので、よかったら参照ください。

http://oteu.net/blog/archives/2169

ではでは失礼します。調査お疲れ様でした~。

No title

おてうさん、はじめまして!
いつもブログ楽しく読ませてもらっています。

原理は簡単にわかったんですが、計算式にするとかなり複雑ですねw
あと奇数の場合に関してはやっぱり気になりますね。
また時間があれば調査してみたいと思います。
main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。